借金生活を楽しむ

フルタイムの共働き家庭にオススメ 〜朝料理のすゝめ〜

こんにちは。ざきおです。

今日は今年から力をいれている朝料理について書かせていただきます。

朝料理を始めたきっかけ

僕の家は二人ともフルタイムで働きながら子育てをしています。

しかも嫁さんは夜勤もしながら。なんでそんなに働く?

それは明確。お互いがそれぞれ返さなくてはいけない借金があるから。

とはいえ、お互い正社員としてフルタイムで働いていると、本当に生活に余裕がなくなってくる。特に気持ちの面で。

どこの家庭もそうかと思いますが、朝は時間との闘い。子どもを保育園に送り届け、急いで仕事に。一日みっちりと働き、帰ってきてご飯の準備。しかも旦那の帰りは遅い。お風呂入れて、子どもを寝かしつける頃には一緒に寝落ち。

そんな毎日を過ごしている奥さん。多いのではないでしょうか。

僕の家も一緒です。ほんとに嫁さんにはかなりの負担がかかっていると思う。

そこで、せめて晩御飯ぐらい作らずに、仕事から帰ったらチンして楽して晩御飯。てな準備をしておいてあげれば、多少なりとも負担は減り、子どもも早く寝かしつけて、あわよくば自分の時間を作ることができ、気持ちの余裕、生活の余裕につながるのではないかと思い、

今年から朝早く起きて、朝料理をすることにしたという次第です。

朝料理は三文の徳

朝料理をすると一体どんなメリットがあるのでしょうか。

①仕事から帰った夕方~の生活に余裕ができる

前でも書きました通り、奥さんの負担が減り生活に余裕が生まれます。簡単に生活に余裕が生まれると書きましたが、ここは大きく変わると思います。お子さんのいる家庭なら、寝かしつけを早くできる。ゆっくり食事ができたり、夫婦の時間、自分の時間を作る余裕ができる。また、何よりも奥さんの機嫌が絶対的によくなると思う。家みたいな鬼ヨーメは絶対に怒らしたらあかん。空気を破壊する。やはり嫁さんには普段から気持ちよく過ごしてもら。これこそ、夫婦円満、家庭円満の秘訣である。

②食費と無駄な食材の削減

どれだけ自炊をしていても、毎日毎日食材を買いに行っていると、どうしても無駄な食材などを買ってしまいがちになり、食費が増えてしまいがち。また、買い物の機会が増えればおのずと、無駄な買い物も増えるということ。ある程度先の日にちまで献立を計画し、なるべく無駄な食材を買わないことで、食費の増加を抑え、また同時に冷蔵庫の中で眠り腐るといった食材のロスも減らすことにつながる。

③料理が上手になり、そして楽しくなる。他の料理をしている人と繋がりが広がる

せっかくやるのなら楽しんでやりたい。料理をすると普段の生活のなかで今まで何気なくスルーしていたことに興味を持つようになる。例えば、外食した際に食べ感動したメニューの味付け。スーパーで紹介されているメニューや、新しい便利な調理器具など、新しく興味の幅が広がる。なによりも、基本世の中、家の料理を作るのは女性なので、女性の方との会話が盛り上がるようになる。

まぁ、このように朝料理をすることで、人生の幅が広がり、豊かな生活につながると僕は思っている。

朝料理をするにあたって

当然早起きをして朝料理をするのだが、僕は絶対的なルールを決めている。それは”制限時間”である。朝の何かと忙しい時間。決してだらだらとご飯を作っている余裕はない。なので、僕は7時~8時までの間の1時間で絶対に一汁三菜をそろえる。これを念頭に置き料理をしている。

必要となってくるのはスピード感と事前準備。時短の要素も必要であり、1時間で一汁三菜を揃えようと思うと前日の夜に必要な下準備などを終わらせておく必要がある。また調理手順も予習をし、ある程度頭に入れておかなければ、とても1時間で一汁三菜を揃えることは難しい。計画と作戦が必要なのである。

最後に

朝料理を初めて感じていること。それは嫁さんが確実に楽さを感じているとう実感である。

朝の1時間は家族を救い、豊かにする!

この合言葉をモットーにこれからも朝料理を続けていきたい。

レシピや作った料理も少しづつアップしていきます。

これからもよろしくお願いします!!

では今日はここまでで。