収入を増やす

【Amazon Aoudible(オーディブル)は返品し放題!?】返品回数や返品制限を調査しました!

ざきお
ざきお
こんにちは、ブログで借金600万の返済を本気で考えているざきおです。

 

通勤中に『聴く読書』・Amazon Audibleを楽しんでいます。
 

勤務先まではチャリで片道25分。
往復で50分ぐらい。
毎日、手軽に1時間ぐらいの読書時間を
確保できて、めっちゃ重宝しています。
 

オーディブルは通勤時間や家事など
”ながら時間”を有効活用したい
という方におすすめのサービスです。
 

実はこのオーディブィブルですが、
とんでもない太っ腹サービスがありまして、
実は購入した本が気に入らなかった場合、
365日間、いつでも何度でも返品可能!
 

ざきお
ざきお
すごっ。太っ腹やな。

 

しかし、このような有難いサービスがあると、
当然のように”悪いこと”を考えるヤツも
でてくるわけですよ。
 

例えば、こんなヤツとか。。。
 

悪い人
悪い人
グヘヘッ。
返品し放題なら、読み終わったやつを返して、新しいやつを買っちまおう。

 

当然、本来の返品の主旨に反したいけないことですが、
システム上、そんなこともできちゃうんです。
しかし、現在は返品制限が設けられるようになりました。
 

きっとこのようなせこいことを
考える輩が多かったんでしょうね。
 

では、きになる返品制限は何回なのか?
本記事では、気になるオーディブルの返品について
すこしまとめて行きたいと思います。
 

この記事では、

  • オーディブルの返品回数について
  • オーディブルの返品制限について
  • 返品制限後の返品方法について

を実例を紹介しながらまとめていきます。

 

まだオーディブルを利用したことがないよ。
という方は、現在2ヵ月無料お試しキャンペーンをしているので、
是非この機会にお試し入会してみるといいです。
(※通常のお試し期間は1ヵ月)
 

👉オーディブルの『2ヵ月無料お試しキャンペーン』はコチラから。
 

オーディブルの返品方法は?

返品方法を解説します。
 

ちなみに、返品はオーディブルの会員特典です。
現在、退会中の人は手元に本が残っていても
返品をすることはできません。
(聴くことはできます!)
 

返品は購入から365日可能です。
返品した本を別の本と交換する際は、
コインの発行日から6ヵ月以内なので気をつけてください。
 

では、返品の操作方法です。

【返品手順】
 


 

  • オーディブルにサインイン
  • ホーム上部の『〇〇さん、こんにちは!』
  • 『アカウントサービス』
  • 『購入履歴(返品)』

 


 

  • 返品したい本の『返品する』

 


 

  • 返品理由を選択。(どれでもいい。)
  • 『返品する』


 

  • 返品完了!

 

といった感じの流れです。
 

ざきお
ざきお
めちゃ簡単。

 

注意点としては、返品はPCからしかできません。
スマホ用のホーム画面やアプリからの返品は
対応不可となっています。
 


 

オーディブルの返品制限は何回までOK?

調子のって返品しまくると、
規制されます。
 


 
『返品する』ボタンがなくなり、
『返品不可(詳細)』の表記に変わります。
 


 

こうなるとオンラインからの返品は
一切できなくなります。
 

【何回で返品制限がかかるのか?】
オーディブルの返品回数の上限には諸説あるようです。
 

Twitterやネットで調べてみると、
よく目にするのが、3回~10回という回数
これまた幅がありますが、
それぞれ個人によって制限回数は違うようです。
 

ちなみに、こちらの記事を書かれている方は
返品回数18回と強者もいるよう。
👉【18回成功】Audible(オーディブル)の返品回数制限を「ある方法」で試してみた
 

ざきお
ざきお
僕は8回でした制限がかかりました。
 
7回返品後、一度”返品不可”になり、
その後復活して、もう一度返品をしています。
 
現在は”返品不可”の状態。

 

そもそも、不正に返品自体がいけないこと。
受けたサービスにはそれ相応の対価を払うのが当然。
不必要な返品は控えてください。ダサいです。
 


 

それでも返品したい。オーディブル返品メールは?

返品制限がかかってしまった後に、
どうしても返品をしたい際は、
カスタマーサービスを通して返品が可能です。
 

【カスタマーサービスからの返品手順】
 

 

  • 返品不可(詳細)をクリック
  • 『カスタマーサービス』(トップページ右上の『お問い合わせ』でも可)

 


 

  • 『件名』を入力(例「返品依頼」など)
  • 本文に『返品する本の作品名』と『返品理由』を記入
  • ※参考文面:いつもありがとうございます。
    以前購入をさせて頂きました「劇場」の返品対応をお願いいたします。
    返品理由としましては、思っていた内容と本の内容が異なっていたためです。
    申し訳ございません。ご対応の程、宜しくお願いいたします。

  • 『Emailを送信する』

 


 

 

  • カスタマーサービスより返品処理のメールが2通届く
  • 返品完了

 

これで返品完了です。
コインが返品数分、
戻っていることを確認してみてください。
 

『お問い合わせ』からの返品は非常に面倒です。
なるべく返品制限がかからないよう、
サービスを利用することをオススメします。
 

オーディブルの返品サービスについて

『365日いつでも返品可能』は、
利用会員にとってすごくありがたいサービスなのは
間違いないと思います。
 

この『返品ができる』ということで、
安心して本を購入することができるのも
事実だと思います。
 

しかし、この親切なサービスを利用して
ズルいことをするのは、あきまへん。
 

何故なら、
受けたサービスに対して、相応の対価を払うのは当然のこと
だからです。
 

良心をしっかりと持って、
これからも、”ながら読書”を楽しんでください。
 

通勤中に聴きまくった本を
感想つきで紹介しています。
全部、実際に聴いた本のみです。
タイトル選びのご参考にどうぞ。
👉【Amazon Audible(オーディブル)】通勤でオーディブル聴きまくったリーマンのおすすめ書籍まとめ
 

どもっ、ざきおです。身の上話を少々。
毎日ツイートしてます。