ビジネス

最短で借金完済をする方法。固定費を見直し、稼ぐ仕組みをつくりましょう。

多重債務マン
多重債務マン
よう!ざきおっち。
借金返済は順調に進んでるかい?
ざきお
ざきお
年収290万で、
順調に進むわけないやろがい‼

とういことで、ざきおです。
借金の返済、進んでおりません。
足踏み状態です。

今日は最短で借金返済をする方法。
ということで、少しでも早く、効率よく返済をする最善の方法をお伝えします。

借金を少しでも早く返すために必要なことは、
1、収入を増やす。
2、支出を減らす。
この2つです。収入を1円でも多く増やし、支出を1円でも少なくする。

やることはは至極シンプルです。
ではどのような方法でより早く効率よく返済をしていくのか見ていきましょう。

借金返済の一番効率のよい方法

初めにすごく参考になるツイートを発見したのでご紹介します。
とうやんさん(@toyanyan18)の発信です。

とうことで、とうやんさんがまとめてくださったので僕が言いたいことは以上です。有難うございました。

というのは嘘で、おっしゃる通りまとめると本当にこんな感じなんです。

固定費削って(支出を減らす)、
余ったお金を自己投資して(収入を増やして)、
稼ぐ力を身につける(仕組みを作る)。
なんです。

手順としては、こんな感じ。

1、毎月の収支をある程度細かく把握する。
2、固定費を見直し削減する。
3、浮いたお金を自己投資にまわす。
4、毎日コツコツ努力を続け、稼げる仕組みを作っていく。
5、仕組みができあがったら更に稼げる幅を広げるため、さらにコツコツと努力をする。
6、本業の給料+不労所得で返済を進めていく。

僕の収支を参考に少し見ていきましょう。

収支を把握する

ざきお
ざきお
まずは月々の収支から見ていきましょうか

1、毎月かかってくる出費 ⇒固定費
2、頑張って減らせる出費 ⇒贅沢費

この中で今回は1番の固定費に注目をします。

ざきお
ざきお
ちなみに前提として、
ざきお家での家計方針は、
こんな感じで運営しております。

1、財布は別々
2、毎月かかってくる固定費は支払額が同じぐらいになるよう担当割り振り
3、月々の生活費は家族カードで決済。請求額を折半

とうことで、毎月ざきおの固定費は下記の通り

・子ども保育料:33,000円
・携帯代:11000円
・自動車保険(2台分):25000円
・駐車場代:13000円
・三菱UFJ返済:10000円
・セゾンカード返済:50000円
・イオンカード返済:10000円
・自動車ローン:23000円
・奨学金:20000円
※生活費(家族カード):30000円~50000円
合計:225,000245,000

固定費、高っ!!多っ!!

ざきお
ざきお
ちなみに僕の平時の給料は
230,000円
つまりは、余裕のよっちゃんで大赤字なのです!!
多重債務マン
多重債務マン
よくそれで今まで生活してきたな。
そりゃ、借金なんて減らないわ。

固定費を減らす

ざきお
ざきお
では固定費がわかったところで、
削れるもの、減らせるものを
探していきましょう。

携帯代

減らす方法は2つ。
格安SIMに変更。5000円程に安くすることが可能。しかしSIM切り替えは様々なデメリットもあるので要検討。
その他、機種代金の割賦払いを繰り上げで完了させる。これも同じく約4000~5000円の固定費削減に。

自動車保険

こちらも減らす方法は2つ。
一番手っ取り早い方法はダイレクト型への乗り換え。
もう一つは無事故無違反を続け、等級を上げていく。
僕は6等級からのスタートだったため、毎月3000円~5000円ほどの固定費を削減。
会社によっては提携の自動車保険などもあり割引や会社負担といった制度もある。

奨学金

奨学金は年収300万円以下などの条件で、変換猶予期限の申請ができる。
いわゆる、すこし支払いを待ってもらえませんか。という制度。
減額の制度などもあるようなので、金利の高いカードローンの支払いを優先するのであれば、
支払いの一時止めや減額の申請なども固定費削減の有効な手段だと思います。

カードローン、リボ払い

これに関しては、とにかく元本が増やさないことが重要です。
毎月支払いが苦しくなってリボ払いに変更。この悪循環は地獄への直行便。
利息は増えるし、元本は増える一方。
請求は当然すべて支払い、カードでの支払いは極力抑える。使ったとしても金額はしっかりと把握して支払いの目途を早めに立てておく。

生活費

生活費の削減はいろんな方法がある。
僕のお薦めは、
・割引のある日に食材のまとめ買い
・外食を減らす。毎月外食の回数と金額は記録に残すと良い。
お薦めしないのは
・少しでも安くを求めてスーパーをはしご。
・安い食材しか使わない無味な食事のような幸福度の下がることはしない。
・労力に見合わない節約は返って疲れに繋がり、爆買いの原因になるため気を付ける。

以上を精査して下がった固定費は、
・保育料(進級に伴い):28000円(5000円削減)
・携帯代(機種代完済):7000円(4000円削減)
・保険代(等級上がり):21000円(4000円削減)
・奨学金(返済期間猶予):0円(20000円削減)
合計:33,000円削減

浮いたお金を自己投資に回す

固定費で浮いたお金は自己投資に回しましょう。
借金をしてしまう人に多いのは、お金に余裕ができると気持ちが大きくなり出費を増やしてしまうことです。
ここで気持ちが緩んではすべてが水の泡になってしまいます。
ここからが本当の勝負です。気を抜いている余裕はありません。

月々のキャッシュフローがマイナスでない限り、
目の前の返済に力を入れるよりは、まず自己投資をして+αの収入を得る努力をしましょう。
稼げる仕組みを作り、本業とは別の収入を得ることに力をいれることが大切です。

自己投資リスト
・読書
・ネットビジネス
・投資
・セミナー参加
etc…

まとめ

最短、最速で借金完済をする方法

1、収支を把握する

2、固定費を削る

3、自己投資をする

4、+αの収入の仕組みをつくる

稼げる仕組みができあがれば、100万、200万の返済なんて怖くない。
自己投資を行い、積極的に稼ぐための挑戦をしていってほしいと思います。
一緒に頑張っていきましょう。ありがとうございました。

借金完済するためには無駄遣いをしない体質に改善をしよう。ども、ざきおです。 今日は借金完済に向けて1番最初に取り組みだした、 出費をしてしまう体質を改善するという事に触れていきたいと思います...